健康・食事

健康について

子どもたちが、健康に成長発達し、保育園生活を快適に送ることができるように看護師と保育士が連携して計画を立てています。

保健目標

  • 自分の健康に関心を持ち病気の予防など必要な知識を身に着ける。
  • 安全安心の環境の下、いろいろな遊びを通して、体作りをする。
  • 健康で安全安心な生活を送り、安心して子育てを行えるよう保護者と連携をとる。

意見書・登園届

健康診断

入園から修学前まで、子どもの健康状態について園医とともに継続的に経過を見ていきます。

  1. 園医健診 0歳(毎月1回) 1歳~幼児(年2回 春・秋)
  2. 歯科検診 全園児 (年1回)
  3. 発育測定 全園児 (毎月1回)
  4. 視力検査 幼児  (年2回)

食事について

食事について

子どもは毎日の食事を通して、食事を作る人を身近に感じ、作られた食事をおいしく、楽しく食べ、それが「生きる」ことへとつながっていきます。子どもが保育園での食事を通して「食を営む力」の基礎を培うことができるように取り組んでいます。食育目標に沿って日々の生活での食育を大切にしています。

※アレルギーのある子どもの食事は家庭、医師と連携して提供しています。

食育目標

  • 楽しく食べられる食事
  • 五感が育つ食事
  • 食への興味がもてる食事

クッキング

クッキング

食を通じて素材に目を向け、調理を楽しむことで食事に対する関心を育てています。